聖フランシスコ・サレジオのことば(第1日目)  [聖人・福者・尊者]   [編集]
「この世で寛大さほど強いものはなく、真の強さを身につけた者ほど寛大になる。」

フランシスコ・サレジオ(フランス:1567年~1622年)は、キリスト教カトリックの司祭です。カトリック教会と聖公会で「聖人」に列せられています。スイスのジュネーブで司教を務め、 17世紀の宗教改革の困難な時代にあって、カトリック教会の司牧者として大きな働きをしました。著作をよくしたということから作家、ジャーナリストの守護聖人になっています。著作としては「信心生活入門」などが有名で、“貧者の友”としても知られています。フランシスコ・サレジオの聖人記念日は1月24日です。

サレジオはサヴォイア地方の貴族の家に生まれ、自由学芸を修めたあとでアヌシーや名門パリ大学で法学を学んでいましたが、周囲の期待を裏切り、世俗の栄達を捨ててカトリック司祭になる道を選びました。宗教改革期、ジュネーブはカルヴァン派の拠点となっていたため、カトリックのジュネーブ司教は(現在の南フランス)のアヌシー滞在を余儀なくされていました。この時代にジュネーブ司教となったサレジオは、困難な状況にあっても熱心な説教やわかりやすく書かれた著作によって活躍し、優れた精神的指導者として名声を得ました。

1610年には霊的指導者をしていたシャンタルの聖フラシスカと共に女子修道会「聖母訪問会」を設立しています。1622年12月28日、サヴォイア公の随員として訪れたパリで客死。長く活躍したアヌシーに葬られ、今でもその墓がアヌシーにあります。1661年、列福。1665年、列聖。1877年にはピウス9世によって「教会博士」とされました。
19世紀、北イタリアのトリノで活躍した司祭ヨハネ・ボスコ(後に聖人)は、自らの修道会の名前をフランシスコ・サレジオにちなんでサレジオ会としました。これはサレジオが、サヴォイアゆかりの聖人であるだけでなく、彼の柔和な人柄、著作による宣教活動、貧しい人々への共感などに司祭ヨハネ・ボスコが大きな影響を受けていたからでした。

「寛大」とは、度量が大きく、思いやりがあり、むやみに人を責めないこと!という意味ですね。この「寛大」がこの世で一番強い、真の強さを身につけた者ほど「寛大」になるということですが、私は人を“赦す”ことが「寛大さ」の根本だと思います。赦すことは勇気を伴うこともあるからです。赦すってものすごく簡単そうですが、案外難しいのですね。なかなか人を赦すことができない(赦す気持になれない)から難しいのです。しかし、本当に心から人を赦すことができれば、これを「寛大」というのですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
あなたは既にnice!を行っています。一定件数以上前のnice!は表示されませんのでご了承ください。
nice! 0
コメント 0
コメントを書く
コメント投稿に失敗しました。
未入力の項目があります。
認証コードが一致しませんでした。
半角英数字のみのコメントは受け付けできません。
お名前:
url:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0
スマートフォン専用ページを表示